My Only "No World Without You"

f:id:esP526:20160922012053j:plain

 

(このバンドの事調べようとすると大体これに邪魔される…)

 

 

 本題はこっち。

 f:id:esP526:20160922020832j:plain

自分がよくお世話になってるスクリーモ、ポストハードコア、パンク系のPVを投稿しているYouTubeDreamboundというチャンネルに最近アップロードされていたMy Onlyというイギリス出身のバンド。

Dreamboundはいわゆるラウド系ジャンルのバンドをプロモーションしているグループらしくこのバンド以外にもたくさんのバンドのPVを上げているのでまた追々記事にするかも。

それでこのMy Onlyなんですがその中でも一際パンク色が強い。当方ジャンル分けに非常に弱いんですがなんというかパンク色の強いスクリーモ?みたいな感じ。とりあえずポスコアっていっときゃ全部当てはまるのか。

 

曲は最近リリースしたEP「This Room & You」のリードトラック「No World Without You 」

 

最初はシングルコイルらしいクランチなギターと囁くようなボーカルから一気にぶち上がるような超高速ドラムフレーズ。その流れのまま叫ぶように張り上げるメロに。サビ前のベースとドラムだけで演奏するパートはその後のエモいパートを予感させてくれてとてもワクワクする。

全体的にドラムフレーズのリズム分割がとても上手い。速い部分は攻撃的に、遅い部分は抒情的にとメリハリがしっかりしていて聴いているとまるで全速力で駆け抜けた後、気持ちのいい冷たい風が吹き抜けたような爽快感を与えてくれる。

 

 

知名度は全くと言っていいほど無いがとてもいいバンド。

これからどんどんノってくるかもしれないし欲を言えば来日するぐらいになって欲しい。気に入ってくれた方はぜひ応援してあげて下さい。

 

 

 

BABYMETALについて

 

あなたは好きですか?BABYMETAL。

 

ぶっちゃけ言うと好きな人には申し訳ないが自分は曲は好きだがコンテンツとしては微妙。でもDragonforceとかがBABYMETAL推してるの見るのは好き。そんな感じ。

 

レッチリのツアーに参加

最近レッチリことRed Hot Chili PeppersからのオファーによりUKツアーに対バン相手として指名された。これはもう批判とかの域を通り越して凄いことだ。日本人がレッチリからオファーが来るとかありえんとしか言いようがない。誰が何と言おうとすごい。

正直このニュース聴いたときに一番意外だったのがレッチリがメタル系のジャンルと対バンするということだった。

自分の無知だったら申し訳ないが過去の傾向や発言から見るにチャド以外のメンバーはあまり激しいジャンルの音楽に興味がなさそうだった(前ギターのジョンが"Stadium Arcadium"収録の"Radymade"を作曲してきた時やデイヴ脱退後にそう語っている)のだが何を思ってベビメタとの対バンを選んだのか非常に気になる。

レッチリを虜にさせる魅力があったのかメンバーが心変わりしたのか単なるビジネスか。いやレッチリ規模になってしまえばもうビジネスなんて関係ないな。きっとレッチリの目に留まる何かがあったに違いない。

 

コンテンツとして

レッチリが好きすぎて話が逸れたので話を戻すと自分はどうもコンテンツとして見たときのBABYMETALを好きになれないのだ。いやもう好きな人は沢山いるからいくらなんの影響力のない自分がギャーギャー言おうがなんの影響もないが。

 

聴けばわかる通り楽曲のクオリティは馬鹿みたいに高いし音楽面から批判する所はほぼ無いといっていい。ではどこが自分にとって気に食わないのか。

 

・ちょっとやらされてる感がある

一番はこれ。他のアイドルもそりゃプロデューサーやらコンポーザーやらにやらされてやっていることは否定できない。

しかしBABYMETALはメタルというアイドルの中でも更にニッチなジャンルから出てきたアイドルなのでかなりその方向性が裏方によって強く出てしまい、結果的に売りであるミスマッチ感と共に本人達にその気が無くてもやらせ感が出てしまうのである。

こればかりはこのジャンルでやっていくには逃れられない矛盾でありここをどう処理するかによってもっとファンの増加を見込めるんではないかなと思う。

 

・アイドルともメタルともどっちつかず

いいとこ取りというと聞こえはいいが最近は非常に中途半端なところにいる。

アイドルかと言われれば初期と比べてシリアスな曲も増えてメタルフェスにも出演してもはやアイドルの枠じゃ収まりきらないところに来ている。じゃあメタルなのかと言われるとやっぱり本人が曲を書いている訳でもバンドでもなくやっぱり微妙な立ち位置になる。

これに関しても別ジャンルを繋ぎ合わせると出てきてしまう逃れられない問題だ。どちらの要素に比重を置くかによってファンやイメージを大きく左右する。そして長く活動していると大体どちらかに偏ってくる。

今のBABYMETALはメタル側に少し偏っている。もちろん「今の状態が好き」というファンもいるし「もっと重たくしろ」というファンもいるだろうし「1stアルバムの頃に戻ってくれ」というファンもいると思うのでこのバランス取りも活動を続ける上ではずっと付きまとってくる問題。

個人的には自分も1stの頃のバランスが一番好き。海外のファンは自分の国には無いアイドルらしさとメタルの融合が好きでBABYMETALを応援してると思う。

 

ブログ更新無事出来ました。色々書いたけどなんだかんだCD買ってるし好きである事に変わりはないのでこれからもちょっとずつ追っかけて行こうと思います。この記事読んで「ちげえんだよわかってねーなー、こういう楽しみ方もあるんだよ」っていうところあったらぜひ教えて下さい。音楽はいがみ合って聴くものじゃないんで教えてもらえたりすれば理解して楽しむ努力します。

 

 

ブログを始めてみた

もうこれでブログを開設するの多分7回目ぐらいだと思う

f:id:esP526:20160827185913j:plain

("7"だけに…)

 

長文やレポートを書くのには慣れているのだが相変わらずブログを定期的に更新するという作業に慣れることが出来ず立てては消し立てては消しを繰り返している今日この頃。多分一番長続きしたのは2011年ぐらいにやっていたココログだった。

割と長文書きたい欲は定期的にやってくるからできる限りサイト自体を存続させて何とか更新にこぎつけたいというのが今回ブログを開設した理由のひとつ。

 

そしてもうひとつの理由はもちろんアレ。

 

アイドルマスター楽曲のリアレンジについて

 アイマスとの出会いを語ると出会ったのは2009年辺りだったかなと(ニコ動でゲーム実況とか見てた流れで見つけたのかな確か)。ニコマスでは武蔵野Pの旅m@s動画とか好きでした。

 

 

そして何よりアイマスというコンテンツに惹かれたのが楽曲のクオリティ。          それまでアニソンなんかは割と聴いてきてはいたが見事にぶちのめされた。

さらに自分の心を奪っていったコンテンツがアイマスRemix

OZAKIPというアイマス×ナンバーガールという狂気のマッシュアップアレンジを超絶クオリティで成し遂げた伝説のPがいてナンバガ信者でもある自分が感動しない訳がなかった。

 (個人的大優勝 これと9:02pmのアレンジが神)

 

 

これがアイマスRimixをいつかやりたいという初期衝動になり、それからずっと制作環境や自分の技術力不足で出来なかったものをやっと今年に入ってやり始めたというのがアレンジを始めた経緯。

コンテンツが765デレミリと移っていっても一貫して高いクオリティを保ち続けているのもきっとこういったことをやるPが一定数いるっていう所もあると思うし、それがコンテンツの発展に繋がるのであればどんどんやっていきたい。腐るほどCD買ってるし。

 

 

 

さて開設してみたもののやっぱり開設しただけで満足してしまい書くことが見つからない…というのが今までの流れだったが今回は割とネタがあるので定期的に更新していけるんじゃないかと根拠のない期待をしている。

いい音楽を発掘するために日々ネットサーフィンをしているのでその成果や人に教えたい音楽やコンテンツを発見した時も紹介記事とか書けたらいいな。明日にはサイトごと消してるかもしれないけど。